当店について

西ジャワスンダ地方

ハーブ

当店では、使用しているハーブのうちいくつかを自家栽培しています。
愛情込めて育てたハーブの香りを楽しんでください。
以下は、自家栽培しているハーブの一例です。

クマンギ・レモンバジル

クマンギ・レモンバジル

スイートバジル(ホーラパー)・シナモンバジル

スイートバジル(ホーラパー)
シナモンバジル

クマンギ・バナナの木

クマンギ・バナナの木

アレルギーや好みについて

当店ではたくさんの種類のスパイスやハーブ、
また、唐辛子の効いた辛い料理や、えび、ココナッツ、落花生、カシューナッツ、大豆由来食品、小麦などを使用しています。
どれも西ジャワの料理には欠かせない食材となっています。
これらの食材がお好きな方であれば嬉しいのですが、苦手またはアレルギーが出てしまうという方の場合でも、基本的にその食材を抜いて作るということができませんので、ご理解、ご了承いただけますと幸いです。

インドネシア料理のマナー

マナーというと堅苦しい気持ちになるかもしれませんが、
どうか家庭的な、ゆったりとした雰囲気を味わっていただければ幸いです。

1 食事の前には手を洗いましょう

手を使って食べることが何かと多いインドネシア料理。食事の前には手を洗おうね、
という童謡もあります。現地と同じように手で食べてみたい、という方はフィンガーボールもご用意していますのでお声がけください。

2 スプーンは右手、フォークは左手に

料理によってはその逆もありますが、基本的には両手にスプーンとフォークを持って、上手に使って食事をしてください。
ほうきとチリトリのイメージで、スプーンの上にフォークで集めて載せると食べやすいです。

3 汚れた手や指を舐めない

手で食べていると自然と手が汚れてきますが、手や指は舐めないようにしましょう。
フィンガーボールをご用意していますのでそちらをお使いください。

4 スープはスプーンで

スープ類は、お椀から直接飲むのではなく、スプーンですくって飲んでください。手で食べることもしません。

5 麺とスープ

麺類はスープと別々に出てくることも多いですが、別々に食べても、スープを麺に一度にかけても、少しずつかけても、好きなように食べてください。麺をすするのはNGです。

アクセス

TEL&FAX 0561-58-2253
〒480-1339 愛知県長久手市北熊16
営業時間 11:00~17:00 (ラストオーダー16:30)
月曜定休

ページの上部へ戻る